まさかの症状でうつ病と分かり驚きました

この体験談を書いてくださった方

ニックネーム はる
年代 30代後半
性別 女性
疾患種別 うつ病
執筆時点の体調 回復中(通院はしていないが症状はまだでる)
体験談のテーマ 症状(どんな症状だったか)

Q1.あなたが体験した精神疾患について詳しく教えてください。

私がうつ病になったのは仕事が上手くいかないと悩んでいていつも将来に悲観的になっていた時にいつの間にかうつ病になっていたというものでした。

それで体に異変が出たのですが、体に異変が手でも最初は自分がうつ病になっているという自覚もありませんでした。

それは自分がそれまで想像していたうつ病とはかなり違っていてある日急に体がだるくなって座っている事さえも難しくなり、横になっていても体がしんどくてまともに寝られない状態になっていました。

そのような状態がなかなか改善しないで数日が経った時に病院を受診して体のどこにも異常がないという事で心療内科を紹介されました。

その頃にはどんどん精神的に不安定になっておりちょっとした体に異変にも重大な病気ではないかと過度に疑うようになってました。

それで診療内科を受診してうつ病になっていると診断を受けました。

私は実際にそのように医者から言われるまで自分がうつ病になると思ってませんでした。

うつ病で体調不良になってまともに生活できない状態になると思ってなかったので驚きました。

Q2.その体験の中であなたが最もつらかった・苦しんだことはなんですか?

私がうつ病になって一番辛かったのはやはり体がしんどくてまともに座っている事もできない状態になって眠れず、さらに食欲もなくなり1週間で8キロぐらい体重が落ちたのが辛かったです。

まさかうつ病になるとここまで体が辛くなると思ってなかったのでそれが一番辛かったです。

また、うつ病になって体に皿に異変が起きたのも苦しかったです。

というのもうつ病を患ってから頭髪にまで以上が出て部分的にハゲができてしまったからでした。

まさかうつ病でハゲになると思ってなかったのでかなり辛かったです。

精神的な事よりも体に色々異変が起きたのが辛かったです。

Q3.あなたと全く同じ・もしくは近い体験をしている人に対してアドバイスをお願いします。

私と同じように何かで悩んでいていつも将来に悲観的になっているような人はそのうち私みたいにうつ病を発症するかもしれないです。

なので、難しいかもしれないですがあまり将来を悲観しないようにした方が良いです。

もし、既に体に少しでも異変が起きているなら早めに診療内科を受診される事をおすすめします。

そこまで重い症状が出てないうちに受診することで早めに対処できてすぐに治るかもしれないです。

特に自分はうつ病になるわけがないと思わない方が良いです。

誰でも何がきっかけでうつ病になるか分からないです。

関連記事

  1. 仕事と生活を頑張りすぎることで発症してしまったうつ病

  2. まさか自分がなるとは思っていなかった

  3. カサンドラ症候群からのうつ病を発症しました

  4. 普通なら大げさにならないことでも不安になり心配する

  5. 体に不具合が出てくるけど外科では対応できません。とにかく休みましょう

  6. こんな症状になったらうつ病かも?

  7. もしかして、私…?大人になってから発達障害に気づいた話

  8. 言葉にし難いパニック発作の症状

  9. 目に映る全てのものが自分を傷つける道具に

運営者情報

profile

【運営者】:みつる

「テクノロジーの力で心の問題を取り除く」をミッションにメンタル系サービスの開発に励むメンタル系サービスエンジニ。

うつ病等によって「生き方」に悩んでいる人に向けてできることを少しでも発信したいと思い本サイト「うつと生き方研究所」を設立。