体に不具合が出てくるけど外科では対応できません。とにかく休みましょう

この体験談を書いてくださった方

ニックネーム さら
年代 50代
性別 男性
疾患種別 うつ病
執筆時点の体調 治療・闘病中
体験談のテーマ 症状(どんな症状だったか)

Q1.あなたが体験した精神疾患について詳しく教えてください。

ある日、下痢の日が続くときがありました。

薬を飲んでもよくならず、またお腹に痛みも伴ってきて最後の頃には血便まで出るようになりました。

そこで消化器外科にて検査をすることになりました。

おしりからカメラを入れて直腸検査を行いましたが大腸全体が腫れていて、潰瘍性大腸炎の可能性もあるとのことでした。

組織の一部を取り検査に回すことになりました。

とりあえず薬を飲んで大腸の炎症を抑える、また刺激物等は控えるようにとのことでした。

それとは別に激しい頭痛が2,3日おきに突然起きたり、突然吐き気が襲ってきたりと、何かと体調がすぐれない日が半年ぐらい続きました。

各担当の医者からもらった薬を飲んでいたのですがあまり効かなかったことを覚えています。

Q2.その体験の中であなたが最もつらかった・苦しんだことはなんですか?

そのころ仕事では、ちょっとした大きい取引に関わる作業を進めているところでしたがプロジェクトが始まる一か月前にさすがにこの体調では無理だと思い、職場の上司に話をし一か月ほどの休職を申し出ました。

なんだかんだといわれましたがさすがに仕事ができる状態ではなくなってきたので半ば強引に会社を休んでしまいました。

後輩には少し前からこの状況を見越して少しづつ引継ぎ作業を行っていたので何とかなったみたいです。

会社を休み向かった先は心療内科でした。

会社からの帰りに途中でこのままだったら死んでしまったほうが楽になれるかな?という考えも浮かぶほどになっていたので、そのことを家族に話したところ精神科系の医者にかかったほうがいいと勧められました。

Q3.あなたと全く同じ・もしくは近い体験をしている人に対してアドバイスをお願いします。

心療内科では問診、ちょっとしたテストや心電図等を行い診断結果は自律神経に乱れがある、今はうつ状態にあると告げられました。

体のあちこちにいろいろな症状が出ているのはそこからくるものだろうということでした。

なので、抗うつ剤、安定剤、睡眠剤を処方され、とにかくゆっくりと何も考えずに休むことを言われました。

とにかく考えずに動かずに寝ていなさいと言われましたがいろいろ気になってしまい、一か月で無理やり復帰してしまいましたがその後は長く持たず一か月ほどで長期休職(半年)することとなってしまいました。

うつ病になったらとにかくまっさらになって休むことがどれだけ大切かをとても実感しました。

サラリーマンでしたら傷病手当を使えばとりあえずの収入は何とかなりますし、いろいろと制度があるので有効に利用することがいいと思います。

関連記事

  1. 「やる気のある自分」に縛られていました

  2. カサンドラ症候群からのうつ病を発症しました

  3. まさか自分がなるとは思っていなかった

  4. 日常生活に大きな支障が出たパニック障害という精神疾患

  5. うつ病で悩んでいた日々から脱出できた日

  6. 周りに助けられながら克服

  7. パニック障害の症状とその変化

  8. 外で働くことが困難になり自宅で在宅ワーカーに

  9. 発達障害は毎日失敗ばかりで大変…でも数々のメリットもあります

運営者情報

profile

【運営者】:みつる

「テクノロジーの力で心の問題を取り除く」をミッションにメンタル系サービスの開発に励むメンタル系サービスエンジニア。

うつ病等によって「生き方」に悩んでいる人に向けてできることを少しでも発信したいと思い本サイト「うつと生き方研究所」を設立。

スポンサーリンク