うつ病で人生めちゃくちゃになった僕が復活した経緯

うつ病人生めちゃくちゃアイキャッチ

うつ病は人生をめちゃくちゃにしかねない恐ろしい病気だ。

かく言う僕もその一人で、24歳でうつ(その後双極性障害と判明)になり、その後の2年間は坂道を転げ落ちるように人生がめちゃくちゃになっていった。

もしこれを読んでくれているあなたが同じような、もしくは似たような境遇なのであれば(もちろんそうじゃない人も)、ぜひともこの記事を最後まで読んでいただきたいと思う。

正直、この記事を読んだだけで今の現状が変わるわけではない。

だけども、一度死の淵までさまよってもこうして踏ん張って生きているという人間がいるということ、このことだけはこの記事で伝わってくれれば嬉しい限りである。

1.僕がうつ病で人生がめちゃくちゃになった経緯

1-1.大手に就職するもうつになる

手前味噌ではあるが、私は24歳までは割と順調に人生を歩んできたと思っている。

だいたい学歴は中の上、就職も30代半ばで1000万はもらえるような大手の会社に就職できた。

暗雲が立ち込めたのは25歳になる直前のこと。

仕事上で人間関係の板挟みにあってしまい、精神的に参った状態が続いていた。

今思えばそんなこと自分の責任ではないのだから放っておけばよかったものの謎の責任感が発動してしまい、

「自分がこの職場の状況をなんとかしなければならない」と必要以上に背負いこんでしまい、自分自身を必要以上に追い込んでしまっていた。

そんなある日、朝6時から職場で仕事をしていると、手が震えて仕事にならなくなってしまった。

「これはきたな」と思い、「もう無理です」的な文言を書いたメモを残して職場から脱走した。これがXデーである。

1-2.ベンチャーに行くも1ヶ月で退職してニートへ

その後休職し、周りの支援もあって復職するも、残りの40年弱を一度メンタルブレイクした場所で過ごす自信はなく、退職を決意した。

その次の選択が過ちであった。

大きな組織の人間関係のごちゃごちゃから離れたかった自分は、思い切って従業員4人の企業に就職した。

しかし甘くはなかった。

仕事ではとにかく早期に数字をだすようにという焦りから、とにかく労働時間を増やした。多分16時間ぐらいは働いていたと思う。

しかし休みの土曜日にきたメールをすぐに返さなかった件で月曜日の朝に追い込まれ、入社わずか1ヶ月でメンタルブレイク。

Xデーの日は午前中からめまいが止まらず、過呼吸でトイレで倒れているところを発見されたらしい。

2日ぐらい声が出なかった。

4人の会社がこんな弱々しいやつを抱える体力はなく、退職勧奨の上逃げるように退職、その後は半年ほど休養という名のニートになった。

1-3.地元の企業に再就職するも、また半年で退職

半年ほど休息をとり、地元の不動産会社に就職することになった。

もう自分を隠さずに行こうと思い、過去の自分に起きたこと、今自分が抱えている病などを面接でオープンにし、それでも受け入れてくれたところだった。

しかし入社した直後から僕は問題児扱いになっていた。

自分が特に何かをしでかした記憶はない。でも直属の上司から見たらなんでこんな爆弾雇ったんだと思ってたんでしょうな。

同時期入社の同年代が他に3人いたが、自分だけ違う仕事をすることになった。

理由はこいつを外に出せないから。だったらしい。

ほんで事務仕事が一気に自分に降りかかってきたよね。それで労働時間急増でまたもや休職。その後退職。

そこからの記憶はあまりない。途切れ途切れある記憶にあるのは

「人生終わった」
「どうしてこうなった」

の2つのみ。

光も何も見えないまま、働きたくないわけではないのに再び無職となった。

1-4.追い打ちをかける離島逃走

3度の退職を経験した自分はもはやかつての身体ではなかった。

復帰をしようとアルバイトや業務委託を試みるも、職場環境が悪くないにも関わらずすぐに離脱するという状況が続いてしまった。

そんな日々が続いた中、自分以外にもストレスを貯め続けていた人がいた。親だ。

僕の卑屈な態度、そして双極性障害特有の気分変動に参ってしまったらしい。

「いつまで実家にいるの?」という雰囲気も出されるようになっていった。

当然僕もこんな家は今すぐにでも出たい、でも合計1年ほど無職期間があったわけだから当然お金もない。

冷静じゃない当時の脳みそで出した結論は農業の住み込みをすることだった。

思い立ったその日に西表島の農家に電話、二日後には出発していた。

浅はかながら自分は農業に対して、「心が清らかになる」というイメージを持っていた。

現に叔父が農業をやっていて、休職期間に手伝った時に心を洗われたからだ。

しかし私が住み込んだ農業の社長はまあブラックだった。

肉体労働が厳しいことはまあ別にしょうがないとして、暴言・人格攻撃をひどくくらった。

体調が人生史上最悪だった自分がそんな環境に耐えれるわけはなく、1週間で過呼吸発生。

その3日後にはクビになり、なくなく実家に帰宅せざるを得なくなった。

帰路の途中、人生どうでもよくなっていた僕は帰り道の那覇でもともと少ない全財産を使い、比喩じゃなく無一文で帰宅した。

1-5.自殺未遂からの引きこもりへ

ここまでも十分黒歴史だが、ここからは本当に黒歴史だ。

とりあえず生きるという選択肢を選べた自分は、もはや人生には一発逆転しかないと思うようになっていた。

しかしここまで職を転々とし、何のスキルもついていない自分に逆転できるものなどなかった。

そんな中、勉強ただ1点のみの努力で逆転できるものを見つけた。医学部である。

高齢受験で合格例の多い大学を徹底的に調べ、勉強に本腰を入れるようにした。

しかしわずか1ヶ月で教材を買う金が尽きた。当たり前である。

そこで親に交渉をする家族会議をしたが、全く取り合ってもらえず気分変動が起きて激昂してしまった。

基本的に僕は激昂しても物理的に人を傷つけることはないのだが、参っていた父親がついに僕に手を出してきた。

火に油を注がれた僕は詳細は伏せるが自殺未遂をした。そして裸足のまま家から逃走し、交番に被害届をだした。

26歳にもなってこんなことになっている自分は人生めちゃくちゃ以外の何者でもないと流石に思ったよ。

この件で親も流石に「こいつやばい」と思ってくれたのか、それ以上何も言わなくなった。

そこからは僕はもう何も考えることはせず、ただただ引きこもることにし、そのまま人生が終わるのを待った。

[次ページ]どん底から僕が復活した経緯

1

2

関連記事

  1. 人生手遅れアイキャッチ

    人生に失敗して手遅れだと思っている人に意識して欲しい2つのこと

  2. 人生疲れたアイキャッチ

    人生に疲れた20代の人たちに伝えたい3ステップ解決方法

  3. yarinaoshi

    人生をやり直したいと思ったときに作るべき4つの機会